Can you read Japanese? Please click this button. You can read this Blog in English if it does so.
# But, this English translation might be strange.
English
powered by ♥. ♠. ♣Alice
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援(クリック)お願いします

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
Xday ~地球最後の日~
 2008年 11月27日 スイス ジュネーブ郊外 フランス国境地帯

地下100M
CERN LHC(大型ハドロン衝突型加速器)


「ライン 正常稼働中、電力供給正常、ビーム出力適正」
「ATLAS テスト 開始します。」


 ―てな会話がされるかどうかは不明だけどとりあえず実験がスタート

「陽子-陽子 衝突 開始」
「内部エネルギー上昇」
「センサー内、重力異常感知...ミニブラックホール(MBH)誕生と推測されます...MBH 消滅しません」

なんだって
「Ω ΩΩ< な、なんだってー!!×3 」

「MBH 依然 存在、モデルケース想定を超えています....これは....」
「ばかな、これ以上し続けると...」
「BHへと成長し、LHCは消滅します」
「とりあえず、粒子ビームと止めるんだ、非常事態宣言を...」




どうもRAGUです。お久しぶり
以上のは、もしかしたら来るかもしれないXdayをRAGUが勝手に脳内妄想で着色したものです。

うん、
勢いで書いた、後悔はしてない


さて、LHCという空前絶後の実験装置が今月から稼働したそうです。大きさはだいたい山手線くらいだそうですよ。建設費だけで5000億かかったとか

そこで、ビッグバンを再現する実験が行われるそうですが
その最中にMBHができるとのこと

といっても超ミニマムなので、「あ、できた」なんて言う前に消滅してしまうような代物
大きさも大きさなので、モノを吸い込むなんてする前に消滅する


らしいです。
シミュレートの結果だと、全く持って無害 
上の駄文のような状態に陥る可能性は5000万分の一とか まさに万が一

これなら、テポドンやらその他諸々がぶっ飛んで核で地球が吹っ飛ぶ方がまだ可能性が高い


というわけで、日常は特に変わりません。ご安心を
ただ、まあ、悔いがないように毎日過ごすようにした方が少しは良いかも...

一応注意書き

この記事には、LHCで地球が滅ぶストーリーが書かれていますが、現実にLHCによる地球消滅はまずあり得ませんのでご安心ください。

何でこんなモノがって?
いや、少々ふざけて書いてしまいましたが、現実でこんな被害が出ているので...
インドではこのニュースを聞いたショックで自殺した子どもが出たとかいうニュースも...

本当に、大丈夫ですから、ご安心ください
続きを読む
スポンサーサイト
応援(クリック)お願いします

2008/09/15(Mon) | ニュース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
サンタを追え!
NORAD(北米航空宇宙防衛司令部)アメリカ基地....

「隊長、カナダ軍より目標は現在国境へ移動中との連絡です
まもなく目標が領空内に進入すると思われます」

「よし、哨戒機を発進させろ、総員配置につけ!」


「サテライトに反応、目標がまもなくレーダ網に突入します」

「32番レーダーがルドルフを捕らえました。ポイント1265-25146です。」

「一番近い哨戒機はどれだ?」

「ブラボーチームです」

「目標、がレーダー上空を通過以前南西に進路をとっています」

「よしブラボーチームを向かわせろ」

「サー、イエッサァー」





どうもRAGUです。久々に復活

もうすぐクリスマスというわけで

今回はクリスマスのお話

上の会話の内容は一応事実に基づいたフィクションです。


NORAD(北米航空宇宙防衛司令部)なんて、なんか巨人化できる隊員がいそうな組織は実際にあって、本当はアメリカ軍とカナダ軍の二つの軍の合同組織で

宇宙防衛といっても別に、インベーターを打ち落とすためではなく、大陸間弾道ミサイルなどが対象(弾道ミサイルは大気圏外に出てから目標に向かって落ちてくるから、宇宙防衛)

でかれらが、今度追っているのは
世界中で有名なキング・オブ・ヒゲオジサン 

マリオではなく、サンタクロース
ビルゲイツもビックリ、闇にまみれた資金源を持つ男です。


*実際は、サンタさんを歓迎し、お供をするのであんなたどたどしい感じではありません

ことの始まりは1955年、
新聞社が「サンタさんと話せるホットライン」という広告を出したが、そこに乗っていた電話番号はCONAD(NORADの前身)のものでした....

その後、新聞を見た子供達から司令部への電話が....
対応に出たのが司令官だったハリー・シャウプ大佐
「サンタなんか知らない」なんていうわけにはいかず、機転を利かせ「サンタは北極点から南に向かったらしい」と答え、そのことがきっかけで、訓練のひとつのような感じでサンタ追跡作戦が始まったそうです。

しかし、そこは北米、クリスマスのために一年かけて準備する国です。ましてや訓練の意味も少し有るので、手抜きはせず


レーダーから、人工衛星(監視衛星)、CF-18、F-15、F-16など最新装備動員で、かなり本格的


設定は
サンタさんが北極を飛び立ったらルドルフの鼻から発せられる赤外線をレーダーやサテライトでキャッチ、追跡を開始します

*ルドルフはあの有名な真っ赤なお鼻のトナカイさんだそうで

その後CF-18(カナダ軍戦闘機)と合流、CFが先導・案内をし、その後国境へ国境で今度はF-15、F-16(ともにアメリカ軍戦闘機)に引渡しというふうになっています。

私達はサンタカム(サンタカメラ)でその様子が見れるというらしいです・・・

ページはコチラ


なかなか楽しそうなイベントですよね~

で、あっちこっち見ていたら、どうやらサンタ一向は、マッハ20以上のスピードで世界を駆け巡るそうです・・・
ついでにF-16などの最高飛行速度はマッハ1程度
ついていけるんだろうか....


てか、今思えばマッハ20といえば、大気圏脱出最低速度と同じくらい
つまり、打ち上げ後のロケットの上昇スピード並

つまり大陸間弾道ミサイル並みの速さ・・・・


もし、仕事中にサンタさんが、
「どうぞ飲んでください」とおかれていた差し入れのブランデーでも飲んで飲酒運転や居眠りをしたあかつきには、地球を飛び出し、人工衛星をかすめ、宇宙へ...

哀れサンタさんは、ふたご座流星群のごとく宇宙のチリに......

そして、毎年のクリスマスには、時期遅れの流れ星が見えるようになり、人々はなぞのヒゲオヤジを思うのです






なんてことにならないのを祈ります。
応援(クリック)お願いします

2006/12/15(Fri) | ニュース | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
さよらならYS-11
こんばんはRAGUです。
すいませんね、今回は飛行機の記事なのであまり面白くないかもしれません



皆さんYS-11という飛行機を知っているでしょうか?

最近飛んでいる旅客機の中ではいまだにプロペラ式で飛んでいる飛行機です


福岡空港にも繰るので何回か見ることはできていましたが
私は、乗ることはできませんでした


ジェットエンジンだらけの中にとまっていて異彩を放っていて好きでした(実は、YS-11ぽターボプロップと呼ばれるジェットエンジンの亜種です)


ついに今日そのYS-11が完全に民間路線から引退をしました
ニュース



YS-11は戦後初の国産旅客機で、
かつて世界を驚かせた零戦を作り上げた航空王国で再び飛行機を作りたいという思いが高まり、
零戦、飛燕の設計者などが集まり「財団法人 輸送機設計研究協会」を立ち上げそこで生み出されました

完成当初はあまりの操縦のしづらさに「飛べない飛行機」と散々のブーイングを浴びましたが、その後の改良でこれらは改善され

海外からも多くの受注を受けて7カ国の空を飛んでいました。


設計者たちが軍用機の設計者であったのもあり
軍用機の性質を受けていて扱いづらいらしいです。
ただその分の耐久性はすさまじく世界でも認められていたようです。




現在は国内では航空自衛隊がまだ使用しているので航空祭にいくとみたりできるそうですよ


YS-11


というわけでTOPをYS-11にしてみました

ここのところTOPなどはYS FLIGHT SIMULATION SYSTEM 2000にお世話になりっきりです(^^;



クリックお願いします
応援(クリック)お願いします

2006/09/30(Sat) | ニュース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
熱中・・・・ネ中
どうも、RAGUです


気がついたら今度の土曜が実力テストだそうで・・・

しかし、範囲不明のテストなので手の出しようがないので仕方なくPC中です(銃声


まあ、こんなことはおいておいて

今日見つけたニュース

● 中国ネットゲーム熱中防止システム、年内に設置義務化

ネット中毒こと、ネ中が深刻みたいですね・・・


日本も人のことは言えませんが、

最近急激にネットが普及してきた韓国、中国ではかなりのネ中者が出ており、オンラインゲームのし過ぎで過労死するようなバカ野郎も出てしまっているようです。

実際、ゲームなどへの依存症はVDT症候群と呼ばれる病気みたいなものなんだそうで・・・・


規制が必要なほど深刻化しているようです・・・


日本などにもしかしたらそのうちこんな風になるかもしれませんね。

ついでに、このシステムは

・3~5時間の連続プレイ ⇒ 経験値、アイテム収益などが半減
・5時間以上  〃    ⇒    〃      などが獲得できない

となるようようなシステムなので普通にしている限りは問題ないそうです。


さらに、ついでに
韓国では、オンラインゲームの優秀者を軍の電子工作部隊に所属(招待)させるようにする制度が導入させれているそうです・・・・・・


ゲームもただの娯楽ではすまなくなってきましたね・・・

●ニュース元




クリックお願いします
応援(クリック)お願いします

2006/09/21(Thu) | ニュース | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
ニュー速
こんばんは再びRAGUです。
たまたま今ネットしてみたら気になるニュースをキャッチして気が向いたので

ニュー速をお送りいたします。



◆ネット掲示板にバスジャック予告、中2男子生徒を補導

埼玉県警所沢署は8日までに、インターネットの掲示板にバスジャック予告の
書き込みをしたとして、同県所沢市の市立中学2年の男子生徒(13)を補導、
威力業務妨害の非行事実で同日、児童相談所に通告した。
生徒は「みんなが大騒ぎするのが楽しかった。わくわくした」と話しているという。

同署によると、生徒は5日午後11時すぎ、自宅パソコンからインターネットの掲示板に、
西武バスが2日後の7日に運行する予定だった池袋発新潟行き高速バスを指定し
「バスジャックしてやる」と書き込み、このバスを運行停止にして業務を妨害した。

生徒は池袋のバス乗り場には現れず、バスから不審物も見つからなかった。

掲示板の管理者の男性が7日朝、県警に通報。パソコンの記録などから生徒の関与が分かった。

 少年は「世間を騒がせるのが、おもしろかった。書き込んで、わくわくした」と供述しているという。



昔あった西鉄バスジャック事件(ネオ麦茶事件)のまねのつもりだったのでしょうか・・・・・
 
ネットでは、
「夏厨の予告で騒ぎすぎ」など、

敏感すぎるとの意見が強いようです。
また、補導だけでは生ぬるいとの意見も結構あるようです。

まあ、前の事件があったので敏感になるのも仕方ないかもしれません。

しかし、ネットではこういうような書き込みはよくあるので、
「騒ぎすぎ」と思われるのもこれまた仕方ないかもしれません。

こういうことは加減が難しいですね・・・・・

以上、勝手にニュー速   

          

 クリックお願いします


問題になった書き込み

ニュース元
読売新聞 

産経新聞


*夏厨:
夏休みなどになって暇になった学生などで、
荒らし、わけが解らない書き込み・行動 をする人をさす言葉

GW厨などもある


応援(クリック)お願いします

2006/08/08(Tue) | ニュース | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
 ホームに戻る 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。